記憶スケッチアカデミー





パイナップルの巻



なかなか高難度だったようです。実がなっているところを見たことがあるという人はごく少数。丸ごと買ったこともない人が多かったのでは。これは、パイナップルの缶詰めの普及がもたらした弊害かもしれません。輪切り状のものや、缶詰めの缶の絵に逃げた作品の多かったこと。逃げていては何も解決しません。真っ向から行きましょう。そして玉砕してくれることが、私・理事長の願いです。









他の巻